1. TOP
  2. 教養カルチャー
  3. 相手からイエスを引き出すコトバの伝え方

相手からイエスを引き出すコトバの伝え方

 2016/12/17 教養カルチャー 話題
  658 Views
ノーをイエスに変える伝え方

私たちの生活にはコトバがあふれていますね。

友人との会話であったり、メールであったり、広告などの文章…すべてコトバです。

ところが、コトバというのは相手の受け取り方で、とんでもないことになったりします。

良かれと思って言った何気ないコトバが、実は相手を傷つけていることもあるかもしれませんね。

今回は、コトバの伝え方について考えてみましょう。

ノーをイエスに変える技術

最近、コピーライターの佐々木圭一さんが書いた「伝え方が9割」という本を読みました。とても役に立つ、面白い内容でした。

この本のなかに書かれている「ノーをイエスに変える技術」の一部をシェアしてみたいと思います。

まず、イエスに変える3つのステップがあります。

  • ステップ1、自分の頭の中をそのままコトバにしない
  • ステップ2、相手の頭の中を想像する
  • ステップ3、相手のメリットと一致するお願いをする

ということ。

簡単に説明すると、ステップ1の「自分の頭の中をそのままコトバにしない」というのは、そのままの意味で、例えば頭の中で好きな女性(あるいは男性)と「デートしたい」と思っても、そのまま「デートして下さい」というのはNGということ。

「デートして下さい」というのは、自分のメリットであって、相手の気持ちを一切考えていないから。それが、ステップ2の「相手の頭の中を想像する」につながるのです。

ここが一番のポイントなのですが、もし、相手がイタリアンが好きで初めてのものが好きという情報があったとすると、「デートして下さい」ではなくて「最近できた驚くほど旨いパスタの店があるんだけど行かない?」と誘うことができるわけです。

この誘い方こそ、ステップ3の「相手のメリットと一致するお願いをする」ことになるのです。

なるほどと感心させられるほど、実に見事なコトバです!

SNSは自分の頭の中のコトバが溢れかえっている

SNSは自分のことしか考えていないコトバが溢れかえっている

SNSは自分発信の場であると共に、自分のことしか考えていないコトバが溢れかえっています。

しかし、これはこれでいいのです。SNSの発言で相手のことを考える必要性はないのですから。

そもそも、人は企業を信じられなくなっています。

例えば人気のスーパーに並ぶ野菜の表示は、いまや○○農協ではなく、○○さんがつくったジャガイモという商品の方が売れるのです。

欲しい商品があった場合でも、企業の広告ではなく、個人のSNSの投稿を見て購入を決定したりするわけですね。

ただ、SNSに慣れてしまうと、誰かにコトバを伝えようとしたときに、自分のメリットしか考えていない、一方的なコトバになってしまう可能性があるのです。

ようするに、コトバを選ぶときは時と場所を考えて使い分けることが大切なのだと思います。

まとめ

今回、ご紹介している「伝え方が9割」という本は、2013年から2015年まで、3年連続でビジネス書年間ベスト10入りしているほどのベストセラー本です。

コトバの伝え方に興味のある方は、ぜひ、一読してみることをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の注目記事を受け取ろう

ノーをイエスに変える伝え方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

3xai編集部

3xai編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 着ない着物はリサイクル!着物買取の上手な利用法

  • ただ持っているだけじゃダメ!運気を上げるパワーストーンの上手な使い方

  • 目のクマを消すにはどうしたらいい?3つのクマの原因と解消する方法

  • 緊張感を一瞬でなくすテクニック

関連記事

  • そろそろ年末の準備を考えよう!お歳暮を送る際の基礎知識

  • 奨学金制度の実態!奨学金の支給から返済までの問題点とは!?

  • 中学受験を控えた子供の勉強法と親の心構え

  • ジャニーズ飽きた!SMAP解散したらジャニーズの卒業も考え中…

  • 民泊は儲かる?急増する外国人観光客に向けてエアビで資産運用!

  • 子供に厳しい国になってしまった日本!拡大し続ける「子供の貧困」