1. TOP
  2. 辛いヒリヒリに!自分でできる日焼けケアのポイントは?

辛いヒリヒリに!自分でできる日焼けケアのポイントは?

海やプール、夏のレジャーを楽しんだあとに残るのは思い出と日焼けですが、
ここで日焼け後のケアを怠ると大変なことになってしまいます。

日焼け止めなどの日焼けケアをしっかりしても、
海などの紫外線は強く、すぐに真っ赤になってしまうことも少なくありません。

日焼け後の適切なケアをご紹介しますので、
ぜひ、参考にしてください。

日焼け後のケアで大切なこと

日焼けは紫外線を浴びることによって
肌が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。

ヤケドの状態と同じで、
だんだんメラニン色素が皮膚表面に沈着することによって
肌が黒くなっていきます。

日焼け後の一部のメラニン色素がシミやシワの原因になるので、
きちんとケアしておかなければ
気がついた時には大変なことになってしまいます。

日焼け後のケアはとにかく冷やすことが大切になり、
冷たくしたタオルや氷をあてて冷やし、
全身日焼けしてしまって場合は水風呂につかるのがいいようです。

日焼けの状態は個人差がありますが、
日焼け後のケアを怠たると赤くなって水ぶくれやむくみを起こし、
痛みをともなう場合もあるようで、
その場合は皮膚科などでの治療をおすすめします。

日焼け後のケアをしても、
ひどい日焼けの場合は皮膚がはがれてくることがありますが、
無理に剥がしたりせずに自然に剥げるのを待ち、
衣服なども皮膚があまりこすれないように、
そっと脱ぎ着して、肌にあまり刺激を与えないように注意しましょう。

日焼け後のケア

日焼けは急激なやけどと同じで、
日焼けしてしまった当日はとにかく冷やすケアが大切になります。

一日のうちで日焼け防止を忘れやすいのは夕方とされ、
夕方の西日は太陽光線がきつくすぐに日焼けをしてしますから、
日焼けをしてしまったら肌をクールダウンさせてケアを早めにしましょう。

日焼けしてしまった当日は、
身体が体温を下げようといつも以上に体力が消耗しやすくなっているので、
ケアとして水分補給をいつも以上に多くし、
早めの就寝を心がけるといいようです。

また、日焼けケアのひとつとして、身体の熱をとる方法もあります。

気化熱というものを使い、
気化熱の汗が蒸発すると同時に身体の体温を下げる効果があるのを利用し、
濡れたバスタオルなどを背中に羽織って日焼けケアをします。

顔の日焼けケアも、とにかく冷やすことが大切です。

冷蔵庫で化粧水などを冷やして使うと効果的で、
日焼け後のケアは肌の水分補給と保湿をしっかり行い、
マスクや美白美容液による集中ケアも効果があります。

日焼け後のケアの水分補給は、化粧水を一度だけでなく、
1~2分置いてからもう一度使い重ねづけすると
しっかり肌の奥まで浸透してくれます。

日焼け後のケアをしても皮が剥がれたりしてきた場合は、
無理に剥がしたりせず自然に剥がれるのを待ち、
気になる場合は保湿クリームなどを塗っていくといいようです。

日焼けケアで小麦肌

きれいに焼けた小麦肌は健康的に見えますが、
日焼けはただすればいいのではなく
小麦肌でもしっかり日焼けケアが必要です。

日焼けした小麦肌を維持するには日ごろのケアが大切で、
乾燥してゴワゴワした肌ではきれいな小麦肌とは言えず、
きちんとお手入れが行き届いている肌はゆとりのある女性を感じさせてくれます。

小麦肌の日焼けケアは、美白アイテムを使うと白くなってしまいますから、
お肌のターンオーバーを助けながら
自然に肌色に戻していくのが大切になります。

水分をしっかり補給し、とにかく保湿が大事で、
顔だけでなく体もしっかり保湿しましょう。

日焼けケアに使う保湿アイテムはどんな物でも良いのですが、
手間をかけてしっかりクリームやパックをするのが大切です。

そして生のフルーツをたくさん食べるのがよく、
フルーツには酵素が多く含まれているので、
ビタミンをたっぷりとりながら体の中の働きを助け、
肌の代謝を良くし日焼けケアに役立てます。

日焼けケアをしっかりしながら、
ハリのある生き生きとして素肌で小麦肌を楽しみましょう。

小麦肌を目指して急激に日焼けしてしまうと肌へのダメージが大きくなるので、
日焼けする際も小麦肌用の日焼け止めなどを使用して、
日焼けケアが行き届いた健康的できれいな小麦肌を手に入れましょう。

日焼け後の水分ケア

日焼けによる肌トラブルは、
シミやシワ、乾燥や毛穴の汚れなどがあるようですが、
これらの原因のほとんどは乾燥によるもので、
日焼け後のケアには水分補給をしっかりすることが大切です。

日焼けは軽いやけどと同じですが、
やけどと違うところは、
表面ではなく内側が焼けてしまうところであり、
内側の水分が失われることによって肌トラブルが起きてしまうため、
日焼け後のケアはしっかりお手入れが必要です。

日焼け後の水分ケアは、
顔も体もアルコールの入っていない化粧水で
まめに肌の水分補給を行うことが大切とされ、
水分補給をしっかりすることによって肌の回復力に違いが出てくるようです。

また日焼け後の水分ケアを怠ると日焼けしやすい状態が続くため、
日焼けによるトラブルから離れられなくなってしまいます。

日焼け後の水分ケアによって
乾燥やシミやシワなどのお肌の老化現象が現れる速さが違ってくるので、
まずはしっかり水分補給をするのが大切で、
顔の場合はローションマスクなどが効果的です。

日焼け後の肌にしっかり水分ケアをしてから、
気になる箇所には美白美容液などを
使用した集中ケアをしていくといいでしょう。

日焼け後のケアに限らず、
毎日コツコツ基本のお手入れをしっかり続けることが
美肌を保つ秘訣になるようです。

日焼けケアで美白と美肌

夏になると、屋外での仕事や子供のプールのつきあい、
ゴルフやテニスなど、望まないのに日焼けしてしまう人も多く、
美肌を守るための日焼けケアが大切になります。

日焼けしてしまったまま放っておくと後が怖いので、
日焼けケアはきちんとするように心がける必要があります。

日焼けしてしまったら、
とにかく冷やすことが大切なのは誰でも知っていますが、
日焼けケア用の商品を塗るよりも、
氷などで冷やした方が効果的のようです。

また、かゆみや鎮痛を押さえるには、
非ステロイド系の鎮痛消炎作用のある軟膏やアロエがいいようで、
アロエは皮を剥ぎそのまま汁を塗って使うこと出来、
日焼けケアにとても適しています。

ほてりやかむみなどが治まったら、
ここからが美白と美肌のための日焼けケアとなります。

日焼け後の肌は、水分がどんどん逃げやすくなっているので、
水分と油分をしっかり与える日焼けケアが必要になってきます。

美白と美肌の日焼けケアは、
肌の乾燥により皮がむけてきたりするのを防ぐ意味でもお風呂あがりがお薦めで、
アロマローションをたっぷり塗ってアロマオイルで日焼けした部分をマッサージすると潤いのある肌になります。

日焼け後のケアに向くアロマオイルは、
皮膚の代謝を高めるラベンダーやネロリ、
血行促進によいローズやゼラニウム、
保湿作用のあるカモミールなどがいいようで、
きちんと行うと、白く透き通った美肌を取り戻すことが出来ます。

日焼けケアでシミ、シワ予防

一年を通して紫外線による日焼けから逃げることは出来ないので、
しっかり日焼けケアをし、
シミやシワの予防をしておく必要があります。

夏などは肌の露出が増え、海などで日焼けをする人も多いと思いますが、
日焼けによる肌のダメージを放っておくとダメージの貯蓄が始まり、
数年後の肌に悪影響を与えてしまうので日焼けケアはとても大切です。

紫外線は夏が強いというイメージがありますが、
2月から11月まで紫外線は強く、春や秋に日焼けケアの手を抜くと、
メラニン色素が増えシミやシワの原因になります。

紫外線のA波は真皮層まで到達し、
コラーゲンやエラスチンなどの皮膚をピンと張らせている成分にダメージを与えるので、シミやシワの発生に大きく関わっていて、
日焼けケアの手は一年中抜くことはできないようです。

日焼け後のケアは72時間以内にしっかり行うことで
お肌に状態が違ってくるようです。

シミやシワなどの肌の老化を防ぐには、
早めの日焼けケアを心がけましょう。

日焼けケアにはビタミンCがとてもよく、
コラーゲンの生成やメラニン色素が黒くなるのを予防したり、
肌のキメを整えててくれる作用があります。

ビタミンCは体に蓄積することが出来ないために、
毎日適量を取る必要があり、
ビタミンC配合の化粧水やビタミンCが豊富な食物などから体に取り入れ、
日焼けケアをしっかり行いましょう。

サプリで日焼けケア

屋外で過ごすことが多い人や日焼けが気になる人のために、
日焼けケアのための健康食品があります。

一年中気になる紫外線による日焼けを
体の中からケアするためのサプリメントです。

外側からの日焼けケアにプラスして、
内側からの紫外線ケアを考えた女性のうつくしさを応援する美容成分がたっぷり入っているサプリメントです。

中国に自生するバラ化の植物に着目し、
長年にわたって独自の研究を重ねて作られた健康食品で、
燃えるような紅の実から抽出される成分によって、
日焼けケアを内側から助けて透明感あるうつくしさを保ってくれます。

毎日の家事やお出かけの日焼けケア商品にプラスして使うことにより、
内側からのうつくしさをサポートしてくれます。

日焼けケアのサプリメントの栄養成分には、
バラ科植物のカキョクが500mg、
その他に食物繊維やたんぱく質、炭水化物やナトリウムなどが含まれており、
一日の摂取量は9粒で取りすぎないように注意が必要です。

また、日焼けケアのサプリメントは、
自然由来の成分を使用しているため、
色が変わることがまれにあるようですが、
品質には問題はないようなので心配ないです。

日焼けケアのサプリメントを摂取していても、
バランスを考えた食事をし、食生活にも気をつけながら、
内側からのうつくしさを保ちましょう。

食べる日焼けケア

日焼け後のケアとしていろいろありますが、
食べて体の中からもケアしてみましょう。

日焼け後のケアに効果がある栄養素は、
カロチン、ビタミンC,ビタミンEが主な栄養素になります。

日焼け後のケアに効果のあるカロチンは緑黄色野菜に多く含まれ、
かぼちゃやにんじん、ブロッコリーなどの野菜を食べるといいようです。

ビタミンCは柑橘系の果物に多く含まれており、
レモンやオレンジ、グレープフルーツなどがよく、
しぼってジュースにするとたくさんの量を食べることが出来、
日焼け後のケアに効果があります。

ビタミンEはアボガドやナッツなどに多く含まれていて、
そのままよりもサラダなどに混ぜて野菜と一緒に食べると食べやすくなり、
日焼け後のケアには効果的です。

食べる日焼けケアとしてアボガドサラダをひとつ紹介します。

材料は、鶏ササミ、アボガド、大根、にんじん、レタス、かいわれ、大豆の水煮で、それぞれ食べやすいように切ってお皿に盛り、
和風ドレッシングと黒酢を混ぜたものをかけて完成の簡単日焼けケアサラダです。

サラダの野菜はいろいろアレンジすることも出来ますし、
ドレッシングに黒酢を混ぜると血行促進、披露回復効果があり、
日焼けケアとともに夏の疲れた体をリセットしてくれます。

日焼け後のケアに効果がある食物はあまりくせのない食べ物が多いので、
誰でも簡単に食べることが出来、とてもおすすめです。

正しい日焼けケアで素肌美人

日焼け後の赤くほてってしまった肌には、
冷たい水で冷やし肌のほてりを鎮めるケアをしますが、
その場合、市販のパックや美容液などは肌に刺激を与えてしまうこともあるので使う場合は注意が必要になります。

ほてりや赤みがない場合は、
化粧水や美容液を使って肌をしっかり保湿し、日焼けケアしておきましょう。

日焼け予防のケアと美肌には、ニンジンがおすすめです。

ニンジンは体内でビタミンAに変わるカロチンが多量に含まれており、
煮ても栄養成分が水に溶けだしにくく、
熱にも強く油には溶けて吸収されていきます。

ニンジンは補血効果が大きく常食していると体も強くなり、
美肌や日焼け予防ケアの食べ物として効果が大きいようです。

また、日焼け予防のケアには抗酸化物質の摂取がよく、
主成分として、ビタミンCやビタミンE、ベータカロチンなどがいいようで、
しっかり緑黄色野菜や果物を摂取することが大切です。

まとめ

正しい日焼けケアは日ごろの食生活からきちんと野菜をとり、
日焼け防止を心がけることです。

それでも日焼けしてしまった場合は、
日焼け後すぐの丁寧なケアが肝心で、
しっかりと肌への水分補給と保湿を心がけ、
シミやシワ、たるみなどを寄せ付けないように注意しましょう。

治療が必要な日焼けと自分でできる簡単な日焼け治療とは?

\ SNSでシェアしよう! /

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

3xai編集部

3xai編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • あの大物アーティストは去勢手術をしていた!?

  • 有名占い師を占う盲目の占い師がいた!?

  • アソコのサイズを外見から簡単に判断するには?

  • トラウマを消したいときは〇〇〇で遊びまくるのがいい!!

関連記事

  • 【加齢臭】アラフォーになったら気を付けたい「脂臭い」臭いの原因と対策

  • フィギュアを捨てる前に知っておきたいこと3カ条

  • スッキリしたい時は半身浴でたっぷり汗をかく!健康や美容にも効果的

  • 頭皮のつかれで髪ぺったんこ!ふんわりボリュームのコツは?

  • あなたは大丈夫??自分でできる高脂血症チェック

  • 脱毛するなら皮膚科?それともエステ?脱毛のやり方に違いはあるのか!?