1. TOP
  2. 健康ヘルス
  3. 白髪が気になる人必見!白髪の原因と予防につながる食品とは?

白髪が気になる人必見!白髪の原因と予防につながる食品とは?

白髪が気になるという方も多いと思います。

そのためには白髪の予防と対策が大切です。

最近ではストレスや生活習慣の変化から
若い方のなかにも若白髪の悩みを抱える方が増え、
加齢だけが白髪の原因とは言えなくなってきたようです。

気になる白髪の予防と対策に効果的な方法を紹介していますので、
白髪の悩みをもつ方はぜひ参考にして下さい。

白髪の予防と対策

白髪が目立ってくると「歳だから仕方ない」と感じている方も多いと思います。
しかし白髪の原因は加齢だけではないということが解ってきています。

そもそも白髪とは色素細胞の働きが低下しすることでメラニン色素が生成しなくなってしまい、
毛髪の色素が薄くなった状態、あるいは白くなった状態のことです。

また白髪が増えるのが男性も女性も40歳前後の中年期以降に多いことから、
加齢が原因で色素細胞の働きが低下して白髪ができると考えている方が多いと思います。

しかし、色素細胞の働きが低下してしまう原因については明確に解明できていないのが現状なのです。
さらに10代~20代の方でも若白髪が目立つ方が増えていることを考えれば、
白髪の原因が加齢だけではないという事の裏付けになります。

加齢以外で白髪のできる原因として考えられているのが、

  1. 遺伝によるもの
  2. 栄養バランスの乱れ
  3. 紫外線などの外的要因

と言われています。

白髪の防止には、このような原因をひとつづつ改善していくことです。

白髪の原因

白髪ができる直接的な原因は、
色素細胞(メラノサイト)の働きが低下してメラニン色素が生成されなくなるからです。

しかし、どうして色素細胞(メラノサイト)の働きが低下してしまうのかという間接的な原因は、
未だに明確に解明されていないのが現状なのです。

多くの方は白髪は加齢によるものと考えていると思います。
老化とともに色素細胞の働きも弱ってくるという理由からです。

しかし、若い方のなかにも若白髪とよばれる白髪に悩みを抱えている方も多く、
一概に加齢だけが白髪の原因とは言い切れない部分があります。

また、遺伝も関係があると言われていますが、
どの程度が遺伝と関連しているのかはも解かっていないそうです。

ちなみに抜け毛や薄毛も遺伝が関係していると思われがちですが、
白髪と同様に明確には解明されていないそうです。

ほかにも毎日の生活習慣との関連性が疑われており、
紫外線などの外的な環境のほか食生活や頭皮などの身体の健康状態が悪かったり、
極度のストレスによって色素細胞の働きが低下するとも考えられています。

また白髪は貧血気味の人がなりやすい、
季節の変わり目や頭皮のケアによっては白髪が増えるなど様々な説もあります。

このように白髪が出来る原因には様々な説があるのですが、
その信憑性を含め、何故そうなるかという明確な原因の解明は未だに解っていないのです。

白髪の予防

白髪は年齢と供に目立ち始め、
加齢による誰にでも起こりうる症状と諦めている方も多いのではないでしょうか?

白髪になってしまった髪を黒く戻すには白髪染めなどを使うしかありませんが、
白髪は毎日の食生活や生活習慣を見直すことで予防することが可能です。

まず、白髪の改善に効果のある食品には、
ワカメなどの海草類、ほうれん草、クルミなどが有名ですが、
白髪に最も効果があるのは黒ごまと言われています。

逆に肉や魚などの動物性油脂中心の食生活をしている人は
頭皮に皮脂が詰まりやすく白髪の原因になっていますので、できるだけ野菜を多く取り、
白髪の予防に効果があると言われている食品を積極的に摂ることで、
いつまでも黒髪が多い状態を保つことが可能なのです。

また、白髪の予防には生活習慣を見直すことも大切。

一番は適度な運動とストレスを溜めないことですが、
ストレス解消のために好きなスポーツを行えば一石二鳥で白髪の改善ができます。

運動が苦手という方はウォーキングなどの軽い運動でも充分に効果があります。

白髪ができるのは年齢だから仕方ないと諦めていた人も、
食生活や日常生活を見直すだけで白髪の予防にもなりますし、
身体も頭皮も健康に生まれ変わることが出来ます。

諦めず自分の出来ることから白髪を予防していきましょう。

白髪に効果のある食品

白髪の予防には毎日の食事が大切です。

白髪予防に効果的な食事は栄養バランスを考えた食品が中心ですので、
健康維持やメタボ対策にも効果のある食品ばかりです。

まず白髪防止に良いとされる食品は亜鉛を多く含んでいるものです。

具体的には、牡蠣、海草、黒ごま、などは亜鉛を多く含む代表的な食品であり、
白髪の予防にもお勧めの食品と言われています。

また、銅を多く含んでいる食品も白髪防止に効果的と言われています。
具体的には、貝類、大豆、アーモンドなどの食品となり、
これらの食品も多く採るように心がけた方が良いでしょう。

また、白髪防止に効果的なサプリメントも発売されていますが、
白髪を黒髪に戻すものではなく、あくまでも白髪を予防するためのサプリメントです。

もちろん白髪に効果的と言われている食品をいくら食べても、
黒髪に戻ることはありませんので注意しましょう。

白髪の防止に良い食品やサプリメント、
そして話題の白髪予防シャンプーなどは白髪の進行を遅くする効果があると言われていますので、
白髪の予防のために是非はじめてみてはどうでしょうか?

若白髪について

最近では若い方のなかにも白髪のある人、
いわゆる若白髪の人が増えています。

10代や20代の若者に白髪が増えているの原因は、
精神的なストレスや生活習慣の変化が疑われています。

とくに過度なダイエットによる栄養バランスの偏りやファーストフードなどの食生活の変化は、
黒髪に必要とされるメラニンなどの栄養素の不足を引き起こし若白髪の方が増えてしまっていると考えられています。

また受験勉強や社会不安など現代社会における様々なストレスによって栄養バランスが乱れ、
髪の毛に必要な血液が不足してしまう事も若白髪の原因と言われています。

髪の毛の血流不足は若白髪ばかりか
若ハゲの原因にもなってしまうことがあるので注意が必要です。

30歳を過ぎたあたりから年齢を重ねるごとに白髪が徐々に増えていくのは、
黒髪の色素となるメラニンを生成する色素細胞(メラノサイト)の機能が
老化とともに衰えたことが原因と考えられていましたが、
生活習慣の変化も白髪の原因として考えられるようになり、
今後も若白髪の方がもっと増えていくと心配されています。

白髪を目立たなくする方法

白髪を目立たなくするにはヘアカラーで染めてしまうのが最もポピュラーな方法です。

白髪を染めるならファッション用のヘアカラーより、
白髪染め用のヘアカラーを使用した方が良いでしょう。

白髪染めは白い毛髪を染めて目立たなくする染料を使っているからで、
白髪染めの方がムラがなくキレイに染まるからです。

ただし白髪染めを使うと毛髪のダメージは避けられません。
なるべく毛髪へのダメージの少ないヘアカラーを使うべきですが、
毛髪が痛んでいる場合は、白髪用カラースプレーを使って白髪を目立たなくさせる方法もあります。

色落ちし易いのいが難点ですが、
白髪の表面に染料をスプレーするだけなので毛髪へのダメージは少なくて済みます。

また、白髪を染めずに目立たなくさせるだけなら毛髪に潤いを保たせ保湿する方法もあります。
乾燥してパサついている髪の毛は白髪が目立ちやすく、
毛髪に潤いのあるヘアクリームなどの整髪料をつけるだけでも白髪は目立ちにくくなるでしょう。

最近ではヘアマニュキュアやカラーリングシャンプーなどのヘアケア商品も多数発売されているので、
気になる白髪を目立たなくさせる事が出来ます。

白髪の多さや頭皮や毛髪へのダメージを考え、
髪質に合った方法で白髪を目立たなくさせるよう心がけましょう。

まとめ

最近は若白髪の人も増えているようですし、
やはり白髪は気になるようですね。

“もう年なんだから白髪は仕方ない”と
思っている人もいるかもしれませんが、
加齢だけでなく、ストレスや食事が
白髪の原因となっている場合もあるのです。

まずは、生活習慣を見直してみることも大切かもしれませんよ!

白髪を抜くと増えるのか?

\ SNSでシェアしよう! /

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

3xai編集部

3xai編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 3回の臨死体験によって宇宙の始まりから地球の未来までタイムトラベルをした男

  • 【年代別】贈って喜ばれるクリスマスプレゼント

  • 腹黒い人と腹黒くない人を見抜くテクニック

  • 初めての一人暮らし!学生さんの最適な引越し業者7選

関連記事

  • フィギュアを捨てる前に知っておきたいこと3カ条

  • 赤ちゃんの食物アレルギー対策!とくに気を付けたい食べ物6選

  • ユニークそうな男性という印象を与えたいときは?

  • 育毛シャンプーやトニックは本当に薄毛に効果があるのか?

  • 脱毛するなら皮膚科?それともエステ?脱毛のやり方に違いはあるのか!?

  • 激怒している相手に対して冷静に対応するには?