1. TOP
  2. 健康ヘルス
  3. 動物アレルギーの原因と対策

動物アレルギーの原因と対策

動物アレルギーは、動物の毛や唾液、羽、尿などが原因でアレルギーを起こすことで、アルレギー疾患のひとつです。

動物がいると頻繁にくしゃみが出たり、目がかゆく赤くなるという人は動物アレルギーかもしれません。

動物アレルギーとは

動物アレルギーは、イヌやネコなどの毛や小鳥の羽やフンなどによって、鼻炎や気管支喘息、じんましん、アトピー性皮膚炎などの症状が起こります。室内でペットを飼う事で、知らずにペットの毛や羽が身体に入りこみ、くしゃみや鼻水などの症状が現れて、ペットを飼っている人でも、ある日突然動物アレルギーになることもあります。

またペットを飼っている状態がダニを繁殖させる環境を作っていることになるため、動物アレルギーの症状を悪化させる要因になります。動物アレルギーになると、動物に触った時はもちろん、近くを通っただけでアレルギー症状があらわれます。

動物アレルギーは、予防や対策が難しいと言われており、改善方法も人それぞれ違いがあるようです。すぐに改善する人もいれば、何年もかかる人もおり、体質によっても症状も異なります。

動物アレルギーかどうか調べるには、血液検査で判定されます。動物アレルギーは、必ず発症するわけではなく、アレルゲンが検出されても6人に1人発症するくらいで、専門医の元で治療や対策をしっかりとればペットを飼うことも可能です。

動物アレルギーの原因

アレルギーには必ず原因があります。動物アレルギーは、動物の体毛や唾液、皮膚のカスや尿などがアレルギーの原因となっています。またアレルギー体質であったり、免疫機能の低下なども原因となります。

動物アレルギーは、動物の好き嫌いやペットを飼っているかどうかなどとは関係なく、突然起こるもので、ひどい場合は急性アレルギー症状を起こし、意識障害などの命にかかわる状態に陥ることもあります。

動物アレルギーになってしまったら、原因である動物を排除することが一番の改善方法です。しかしペットを飼っている場合は、簡単に排除することが難しく、アレルギーを持った状態で共存していくしかありません。

動物アレルギーの原因であるアレルゲンを少しでも減らし、アレルギー体質を改善することが大切になります。ペットを飼っている場合は、こまに掃除を行い、アレルゲンである体毛や皮膚のカスをなくすことが動物アレルギーの症状を和らげてくれます。

またペットに接触することは控え、なるべく外で飼うようにしましょう。免疫機能を高めるためにも、バランスの良い食生活や適度な運動を行い、アレルギーに負けない体を作ること大切です。

動物アレルギーの原因をしっかり理解することで、正しい予防や対処をすることが出来るはずです。

動物アレルギーの種類

動物アレルギーは、動物の毛や唾液などが原因で何らかのアレルギー反応を引き起こすことです。動物アレルギーと言っても、イヌやネコ、家畜、野生動物などアレルギーの原因となる動物は数多くいます。

また接触する機会の少ない動物やダニなども合わせると、数えきれないほどのアレルゲンがいることになります。

動物アレルギーとして有名なのは、ネコアレルギーです。動物アレルギーの人がネコに触れたり、ネコのいる場所に行くと、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が起こります。

ネコは室内で飼われていることが多く、お風呂も頻繁には入れないため、部屋の中に毛や皮膚のクズがたまりやすいため、アレルギーを起こす人が多いようです。
しかしこれはネコに限らず、イヌやハムスターなどでも同じ症状が出るのが動物アレルギーの特徴です。

動物アレルギーのアレルゲンは、主に体毛、皮膚のクズ、唾液、尿だと言われています。イヌやネコを室内で飼う人が増え、アレルゲンと接触せざるおえない状況になっていることが動物アレルギーを増やしている要因でしょう。

動物アレルギーは毛や羽を持っている動物ならすべてアレルゲンとなりえます。室内でペットを飼う場合は、清潔な状態を保ち、少しでもアレルゲンが少ない環境を作ることが大切になります。

動物アレルギーの症状

動物アレルギーは、動物の体毛などが原因でアレルギー反応を起こしてしまうことです。動物アレルギーといえば、ネコアレルギーが有名ですが、イヌアレルギーやハムスターアレルギーなどさまざまな種類の動物がアレルゲンとなっています。

動物アレルギーの症状は、くしゃみや鼻水、皮膚のかゆみ、目のかゆみなどがあります。症状には、個人差があり、軽度の症状の方から喘息などへ悪化して重度の症状を引き起こす方もいます。

また、即時型のアレルギー反応を起こし呼吸困難な血圧の低下など全身が循環不全に陥り生命の危険にさらされることもあります。

動物アレルギーのすべてに起こるものではありませんが、起こるかも知れない症状として覚えておくと良いでしょう。動物アレルギーは、動物の近くにいったり、動物に触ったりすることで起こります。

ペットを飼っている方は、ペットの環境をいつも清潔にしておくことが大切ですし、寝室には入れず、なるべく外で飼えるペットを飼うことをおすすめします。

ネコにはアレルギー反応を起こすけれども、イヌは大丈夫という方もいますし、すべての動物にアレルギー反応が起こると言う方もいます。動物アレルギーかなと感じた時は、病院でアレルギー検査を行い、アレルゲンを特定しておくと良いでしょう。

動物アレルギーの治療

動物アレルギーは、イヌやネコ、昆虫やダニまで合わせると、最も頻度が高いアレルギー疾患のひとつです。症状には、アレルギー結膜炎、喘息や肺炎、皮膚炎などがあります。

動物アレルギーの治療は、アレルギーの原因であるアレルゲンを取り除くことが第一の治療方法です。また体質改善を行い、アレルギーに負けない身体を作ることも重要です。

アレルギーになりやすい体質は、乾燥肌や敏感肌の方、腸内環境が悪い方、炎症が抑制出来ない方、肥満でヒスタミンを多量分泌してしまう体質の方などです。

動物アレルギーになってしまった場合は、日常生活の見直しで体質改善を行うことと、外的治療を行うことが大切です。

動物アレルギーで、皮膚のかゆみなどがある場合は、抗ヒスタミン剤を服用します。かゆみを抑える働きがありますが、眠気を起こす効果も高いため、夜寝る前の服用をおすすめします。

またビタミンHのビオチンサプリメントは、動物アレルギーによる皮膚炎の改善に最も効果的と言われており、皮膚細胞の下にある毛細血管を太くして血流が良くなりスキンケア効果が期待されます。

動物アレルギーの治療は、症状などによりすぐに良くなる人や何年もかかる人もいます。動物アレルギーを直すには、諦めずに治療を続けることが大切です。

まとめ

犬や猫を飼っている人でも、実は動物アレルギーだったという人もいるようです。

くしゃみや鼻水、皮膚のかゆみ、目のかゆみなどがある人は、一度、専門医で検査をしてもらった方が良いでしょう。

赤ちゃんの食物アレルギー対策!とくに気を付けたい食べ物6選

\ SNSでシェアしよう! /

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

3xaiストーリーズ -あなたの人生わたしの人生-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

3xai編集部

3xai編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腹黒い人と腹黒くない人を見抜くテクニック

  • 初めての一人暮らし!学生さんの最適な引越し業者7選

  • 42度に及ぶヒトラー暗殺計画のすべて!暗殺計画はなぜ失敗したのか?

  • 目は口ほどに物を言う!目を見て相手の性格を知ることができる!!

関連記事

  • 頭皮のつかれで髪ぺったんこ!ふんわりボリュームのコツは?

  • 自分に一番合った育毛剤を見つけよう!育毛剤の種類とタイプ

  • 産んだら終わりじゃない!?産後に起こるママの体の変化とトラブル

  • 白髪を抜くと増えというウワサは本当なのか?

  • 辛いヒリヒリに!自分でできる日焼けケアのポイントは?

  • 抜け毛に効く食べ物!食生活の改善で抜け毛を予防しよう